〔テーマ別動向予測シリーズ〕 断熱材〔2017年版〕 超激安特価 技術開発実態分析調査報告書 買物

〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「断熱材〔2017年版〕」技術開発実態分析調査報告書

〔テーマ別動向予測シリーズ〕,28665円,smcollege.ac.in,「断熱材〔2017年版〕」技術開発実態分析調査報告書,本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経営 , 経営戦略・管理,/incompletion174985.html 〔テーマ別動向予測シリーズ〕 断熱材〔2017年版〕 技術開発実態分析調査報告書 買物 28665円 〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「断熱材〔2017年版〕」技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経営 経営戦略・管理 〔テーマ別動向予測シリーズ〕 断熱材〔2017年版〕 技術開発実態分析調査報告書 買物 28665円 〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「断熱材〔2017年版〕」技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経営 経営戦略・管理 〔テーマ別動向予測シリーズ〕,28665円,smcollege.ac.in,「断熱材〔2017年版〕」技術開発実態分析調査報告書,本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経営 , 経営戦略・管理,/incompletion174985.html

28665円

〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「断熱材〔2017年版〕」技術開発実態分析調査報告書



■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2017年10月2日
■資料体裁:A4判、280頁、簡易製本
■ISBN:978-4-86483-876-4



★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス

■本誌の特徴等
1.調査目的
 「断熱材」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)どの断熱材関連企業にどのような技術の公開があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、
等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「断熱材」に関する過去10年余(国内公開日:2007年1月1日~2017年7月27日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 4,728 件 である。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
 A.2015年8月~2017年7月に新規出現した出願人、分類による動向分析
 B.2012年~2017年7月(既刊「断熱材〔2012年版〕」以降)の動向分析
 C.全般分析
 D.上位20出願人比較分析
 E.上位5出願人個別分析
 F.特定3出願人比較分析(1位パナソニック、2位日立アプライアンス、3位積水化学工業、4位三菱電機、5位旭化成ホームズ)
 G.上位20特許分類分析
 H.特定特許分類分析
   G-1.特定特許分類分析(1) ・FIサブグループ分類(深さ13) ・Fターム分類(深さ10)
   G-2.特定特許分類分析(2) ・Fターム分類(深さ8)
 I.キーワード ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。
 J. 弁理士(特許事務所)の動向分析

2.パテントチャート編

3.総括コメント

4. 本報告書の特徴
●「断熱材」に関する最近10年あまり、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。



はじめに

調査分析結果

1.パテントマップ編

A.2015年8月~2017年7月に新規出現した出願人、分類による動向分析

A-1.出願人別公開件数ランキング(上位40)
A-2.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位40)
A-3.Fターム分類別公開件数ランキング(上位40)
A-4.FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、3ヶ月毎)
A-5.Fターム分類別公開件数の推移(上位20、3ヶ月毎)
A-6.FIサブグループ分類別出現・消失状況(公開件数上位40)
A-7.Fターム分類別出現・消失状況(公開件数上位40)
A-8.出願人別公開件数伸長率(公開件数上位50)
A-9.FIサブグループ分類別公開件数伸長率(公開件数上位50)
A-10.Fターム分類別公開件数伸長率(公開件数上位50)
A-11.出願人(上位20)とFIサブグループ分類(上位20)の相関
A-12.出願人(上位20)とFターム分類(上位20)の相関
【資料1】2015年8月~2017年7月に新規出現したFIサブグループ分類リスト(上位100)
【資料2】2015年8月~2017年7月に新規出現したFターム分類リスト(上位100)

B.2012年~2017年7月(既刊「断熱材〔2012年版〕」以降)の動向分析

B-1.公開件数の推移(4ヶ月毎)
B-2.出願人数の推移(4ヶ月毎)
B-3.上位20出願人と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
・ ・
・ ・
B-10.Fターム分類別公開件数占有率(上位20)
B-11.FIサブグループ分類1位E04B1/76と他分類との相関(上位20)
B-12.Fターム分類1位2E001DD01と他分類との相関(上位20)

C.全般分析

C-1.全体の技術開発ライフサイクル
C-2.公開件数の推移(年次と累計)
C-3.出願人数の推移(年次と累計)
・ ・
・ ・
C-25.FIメイングループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差8名以上)
C-26.FIサブグループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差11名以上)
C-27.Fターム分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差20名以上)

D.上位20出願人比較分析

D-1.公開件数比較(期間着目:2007年~2011年 VS 2012年~2016年)
D-2.公開件数の推移(累計)
D-3.共同出願人数の推移(累計)
・ ・
・ ・
D-14.審査・権利状況
D-15.公開件数の伸びと1位Fターム分類2E001DD01に関する構成率比較
D-16.発明者数*FIサブグループ分類数の比較

E.上位5出願人個別分析

E-1-1.【パナソニック】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
E-1-2.【日立アプライアンス】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
E-1-3.【積水化学工業】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
E-1-4.【三菱電機】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
E-1-5.【旭化成ホームズ】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
E-2-1.【パナソニック】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
・ ・
・ ・
E-3-1.【パナソニック】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
・ ・
・ ・
E-4-1.【パナソニック】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
・ ・
・ ・
E-5-1.【パナソニック】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
・ ・
・ ・
E-6-1.【パナソニック】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
・ ・
・ ・
E-7-1.【パナソニック】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
・ ・
・ ・
E-8-1.【パナソニック】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
・ ・
・ ・
E-9-1.【パナソニック】共同出願人との連携
・ ・
・ ・

F.特定5出願人比較分析(1位パナソニック、2位日立アプライアンス、3位積水化学工業、4位三菱電機、5位旭化成ホームズ)

F-1.5出願人の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
F-2.5出願人のパナソニック上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
F-3.5出願人の日立アプライアンス上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
・ ・
・ ・
F-15.旭化成ホームズの公開件数伸び変遷
F-16.5出願人とFターム分類(上位20)との公開件数相関
F-17.Fターム分類別公開件数グロスランキング(上位10)

G.上位20特許分類分析

G-1.FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)(2007年~2011年 VS 2012年~2016年)
G-2.FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(2007年~2011年 VS 2012年~2016年)
G-3.Fターム分類別公開件数比較(上位20)(2007年~2011年 VS 2012年~2016年)
・ ・
・ ・
G-13.FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
G-14.FIサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
G-15.Fターム分類別公開件数占有率(公開件数上位20)

H.特定特許分類分析

H-1. 特定特許分類分析(1)
 H-1-1.特定FIサブグループ分類の公開件数の推移(年次)
 H-1-2.特定FIサブグループ分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
 H-1-3.特定Fターム分類の公開件数の推移(年次)
・ ・
・ ・
 H-1-14.特定FIサブグループ分類F16L59/065の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 H-1-15.特定Fターム分類2E001DD01の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 H-1-16.特定Fターム分類3H036AB18の出願人別公開件数ランキング(上位50)
H-2.特定特許分類分析(2)
 H-2-1.特定Fターム分類2E001FA関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 H-2-2.特定Fターム分類3H036AA関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 H-2-3.特定Fターム分類3H036AB関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
・ ・
・ ・
 H-2-21.特定Fターム分類3H036AA関連の公開件数伸長率変遷
 H-2-22.特定Fターム分類3H036AB関連の公開件数伸長率変遷
 H-2-23.特定Fターム分類3H036AE関連の公開件数伸長率変遷

I.キーワード分析

I-1.キーワード別公開件数ランキング(上位100)
I-2.キーワード別出現・消失状況(最近80、公開件数10件以上)
I-3.キーワード別公開件数の伸長率(上位50、件数差10件以上)

J.弁理士(特許事務所)の動向分析

J-1.弁理士(特許事務所)別公開件数ランキング(上位40)
J-2.弁理士(特許事務所)別公開件数の推移(上位40、年次)
J-3.上位40弁理士(特許事務所)と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
J-4.上位40弁理士(特許事務所)と上位40出願人との公開件数相関

2. パテントチャート編

(1)古河電気工業の時系列チャート分析(2007年~2017年7月)
(2)アキレスの時系列チャート分析(2007年~2017年7月)
(3)古河電気工業の上位2Fタームテーマコード分類と上位2発明者のマトリクスチャート分析(2007年~2017年7月)
(4)アキレスの上位2Fタームテーマコード分類と上位2発明者のマトリクスチャート分析(2007年~2017年7月)
(5)古河電気工業のFタームテーマコード3H036の技術分類マトリクスチャート
(6)石井健一(古河電気工業)の公報1件のサイテーションマップ

3. 総括コメント

参考資料
【資料3】出願人統合リスト
【資料4】上位20出願人の発明者リスト
【資料5】パナソニックの2011年~2016年における全公報310件の審査権利状況リスト
【資料6】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方









〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「断熱材〔2017年版〕」技術開発実態分析調査報告書

ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
 
ユーザー・インターフェース・ソリューション

※お知らせ※

一部在宅勤務実施にともない、弊社へのお問い合わせは「お問合せフォーム」にてご連絡頂きますようお願い致します。

トピックス

TOPICS

新着情報

NEWS

製品情報

2022/06/09

モバイル機器向けコネクタカタログ掲載のお知らせ


製品情報

2022/06/06

テクニカルリソースをリニューアルしました!


製品情報

2022/06/02

車載Ethernet規格100BASE-T1対応 基板対ケーブルコネクタ「MX74シリーズ」を販売開始


製品情報

2022/04/06

産業用途に最適な耐環境型 SDカード用コネクタ 「SG50シリーズ」を販売開始 ~高速データ転送規格UHS-Ⅰ/UHS-Ⅱ対応~


製品情報

2022/03/29

基板対基板フローティングコネクタ 「AX01」「MA01」シリーズの極数・高さバリエーションを拡充


日本航空電子工業について

ABOUT

私たちは創業以来、『開拓、創造、実践』の企業理念のもと、独自の革新的、創造性に富んだ高い技術・開発力を背景に、「コネクタ事業」「インターフェース・ソリューション事業」「航機事業」の3つの事業をグローバルに展開し、発展してまいりました。

会社情報

メーカー様にご満足いただける最適なコネクタをご提案

コネクタとはどのような機能を持ち、どのような役割を果たしているか?コネクタの構造、基本性能、トレンドなど様々なニーズからご紹介します。日本航空電子工業株式会社(JAE)は、長年にわたり培った技術開発力とものづくりのノウハウをもとに、メーカー様の製品開発スピードを加速させるコネクタをご提案します。お客様の目的にあわせて最適なコネクタ選びができるようなご提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。